デザインの読み筋

あっ センスはないです。

AtomでPythonを実行する時のバージョン指定方法。

機械学習で一躍有名になったPython目指せpythonerということで、AtomでPython実行させると、どうしてもMacに初期でインストールされているバージョンで実行になってしまいます。

新しくインストールしたPython3.6で実行させる設定方法を書いていきたいと思います。


その前にAtomで実行する際は、パッケージのatom-runnerを先にインストールする必要があります。こちらと新しいPythonをインストールした前提で話を進めます。

まずはVersionを確かめるソースコードを下記に記しておきます。

import platform
print(platform.python_version())


これを実行すると下記のような結果になりました。
実行バージョンが2.7.13だということがわかります。

f:id:jxkxkx37:20170618212050p:plain


実行バージョンを指定する方法として、個人設定をクリックします。
そうするとconfig.csonのファイルが開かれます。

f:id:jxkxkx37:20170618212648p:plain


"*": がソースコードに記述されていますが、
この後に、下記のソースコードを追加してください。

 runner:
    scopes:
      python: "/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.6/bin/python3"


記述例-インデントに注意
f:id:jxkxkx37:20170618214200p:plain
*Macでインストールされた方であれば、ディレクトリパスは同じかと思いますが、
Windowsの方は、個別で調べる必要があります。。。



設定が完了後、再度実行すると
f:id:jxkxkx37:20170618214238p:plain

実行バージョンが最新のものになりました。


なぜか実行する時にうまくいかない方は、バージョンの指定が影響しているかもしれません。

TOP

プライバシーポリシー